SEEPS 環境経済・政策学会

役員の選出に関する細則

第1条

環境経済・政策学会会則第7条に規定する役員の選出手続き及び任期については、この細則によるものとする。

第2条

本細則に基づく役員の選出手続きは、会員のうちから理事会が委嘱した選挙管理委員会が執行する。

(理事選出手続き)第3条

理事の定員は35名以内とし、23名を選挙によって選ぶ。当選した理事は所属機関および地域が偏しないように会員から12名以内の理事を選ぶ。

  1. 選挙は立候補によらない。
  2. 投票用紙は会員名簿記載の会員に封筒に封入して送付する。
  3. 投票は5名連記による。
  4. 当選者の決定は、最高得点者から順次23名選び、得票同数の場合は開票立ち会い理事会の抽選によって決定する。
  5. 開票は環境経済・政策学会事務局において3名以上の理事の立ち会いの下で行う。
  6. 選挙は2年に1回行う。
  7. 投票締切期日は理事会においてその都度決定する。

(監事選出手続き)第4条

監事の定員は2名とし、選挙によって選ぶ。

  1. 選挙は立候補によらない。
  2. 投票用紙は会員名簿記載の会員に封筒に封入して送付する。
  3. 投票は2名連記による。
  4. 当選者の決定は、理事に選出されたものを除く最高得点者から順次2名選び、得票同数の場合は開票立ち会い理事の抽選によって決定する。
  5. 開票は環境経済・政策学会事務局において3名以上の理事の立ち会いの下で行う。
  6. 選挙は理事選挙と同時に行う。

(会長選出手続き)第5条

会長は理事中から選出する。

  1. 会長の選出は理事の投票によって行う。
  2. 当選者の決定は、最高得点者とする。得票同数の場合は開票立ち会い理事の抽選によって決定する。

(副会長選出手続き)第6条

副会長は理事中から選出する。

  1. 副会長の選出は会長の指名によって決定する。

(任期)第7条

役員の任期は1期2年とし再任を認めるが、連続しての任期は6年までとする。 ただし、会長任期は1期2年とし再任を認めるが、連続としての任期は4年までとし、いずれの場合でも通算して8年までとする。


附則(平成25年9月21日改正)

会長任期に関する第7条の規定は、平成26年度から適用する。


付記

会長任期に関する過去の規定の推移は以下のとおり。

学会創立時~平成21年度

任期は1期2年とし再任を認める。→(再任は制限なし)

平成22年度~平成25年度

任期は1期2年とし再任は認めない。
(平成23年9月23日改正、平成22年度にさかのぼって適用)→(連続しない再任は制限なし)